食事の重要性|新しい住宅型有料老人ホームの魅力について確認しよう

新しい住宅型有料老人ホームの魅力について確認しよう

女性と老人

食事の重要性

ご飯

食事形態

医療や介護の現場では、一人一人に合わせた形態で食事が提供されます。例えば歯を失って堅いものを食べるのが難しい人には細かく刻んで食べやすくしたり、飲み込む力が弱まっている人にはペースト状やミキサーにかけて飲み込みやすくするのです。また、口から食事をとるのが難しい人には経管栄養や胃瘻などの流動食が提供されることもあります。しかしながら、食事は単に栄養を満たしたりおなか一杯になれば満足できるというものではありません。形状を変えることで見た目がおいしそうに見えずに食欲が低下してしまう人もいますし、流動食が長く続くと食べる楽しみがなくなり生活意欲が低下してしまう人もいるのです。そのため食事が楽しくなるような形状の工夫も必要なのです。

見た目が重要な理由とは

最近は高齢者が食べやすいやわらか食の開発が盛んになっています。やわらか食はその名の通り料理を柔らかい状態にして食べやすくした食事のことを言いますが、ペースト食や刻み食などとの大きな違いは見た目も重視して盛り付けられている点です。形状が変わると何の料理かわからくなってしまうことがありましたが、やわらか食ではできるだけ普通の料理と変わらない盛り付けがされているので、食事への意欲にもつながります。また、最近ではやわらか食の宅配サービス業者も数多く存在します。施設などと違い自宅の場合はすべて家族が食事の支度をしなければいけませんが、宅配の場合は栄養バランスを考えた食事が提供されるので料理を作る負担も減らすことができ利用者も増加しています。